スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三氏と周恩来発言

先の投稿でIさんが批判されました、1972年日中国交回復の際の、「中国人民
はごく少数の軍国主義分子と広範な日本人民とを厳格に区別してきました」との
周恩来首相の発言を、安倍官房長官が公文書に残っていないと無視したことに
対し、今朝の朝日新聞の社説も批判しています。


< 外交とは、水面には見えない交渉が下支えしている。国交正常化の際、中国
側はこの理屈で、まだ反日感情の強く残る国民を納得させ、賠償を放棄した。日本
はそれに乗って国交回復を実現させた。
 両国の共同文書には入らなかったが、そうした事情で困難な交渉がまとまったこ
とは、広く知られている。
 それを今になって「文書がすべて」と片づけてしまうのは、中国側の苦心に冷や
水をかけるものだ。あまりに一方的な議論ではないか。
 安倍氏の発想の根っこにあるのは、あの戦争を侵略戦争と言いたくないという
歴史観だろう。>


< 20世紀最大の戦争について歴史観を語れぬ首相が世界に通用するはずが
ない。>


「歴史認識 政治家が語れぬとは 」
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


この安倍氏の発言に対しては、外務省も「そこまで言われるとは…」と驚き、安倍派
といわれる谷内正太郎事務次官も、賠償放棄を明記した72年」の日中共同声明を
念頭に「中国政府がそのような立場でずっときていることは事実として認識している」
と尻拭いをせざるを得ませんでした。


「安倍氏、靖国参拝問題で外務省と食い違い」(日刊スポーツ、12日)
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060911-88711.html


こういう安倍氏に対し、海外のメディアは、中韓のみならず、欧米でもその歴史観や
憲法観について厳しい見方が目立っていると朝日新聞は伝えています。
 
「『タカ派』安倍氏に厳しい視線 海外メディアの総裁選評」
 http://www.asahi.com/politics/update/0914/001.html


ところで安倍氏が言った“階級史観”という言葉は、昔人間にはあまり馴染みがあ
りません。唯物史観とか、マルクス史観とかとどう違うのでしょうか? それにしても、
ごく一部の軍国主義者と一般の日本人民を分けるのが、“階級史観風”でしょうか?
どうもこの“階級史観”というのは一部の人たちが使っているようです。どなたか“階級
史観”の正しい定義を教えてください。

スポンサーサイト

中国の恩を仇で返す安倍妄言について

MLへIさんからご投稿いただいたメールをご紹介します。Iさんは戦前から中国に住でおられ、戦争末期現地召集され、敗戦後は旧ソ連に抑留、帰国後はシベリア抑留者の補償問題に積極的に取り組んでおられる方です。

 私は戦前に中国に住み、戦後も1957年からたびたび訪れてこの国の人々に尊敬と親しみを持つ者です。私の中国の旅は前の戦争のお詫びから始まるのですが、例外なく返ってくる言葉は周 恩来氏の“いや先生、悪いのは一部軍国主義者のせいで、貴方も被害者の一人ですよ。関係ナイヨ”です。かくして入国の儀式は無事終わるのですが、この好意的な度量あふれる言葉が日本人用に作られたものではなく、実は苦渋の末に自国民を説得するためのものであることを偶然に知り、慄然とした記憶があります。

 日本の理不尽な侵略により殺され、犯され、奪われ焼かれ、甚大な惨禍を被った多くの人々の怨嗟は1世紀や2世紀で消え去るものではないことは、わが身に振り替えて考えれば容易に判ることです。被害者の心は恨みで激しく燃えていたのに中国は日本兵や戦犯、居留民をとがめることなく帰国させ、「暴に酬いるに徳を以ってす」と一銭も賠償を求めず請求権を放棄してくれました。我が国の今日あるのはこの温情に負うところが多い筈で、中国には足を向けて寝られない恩義があります。

 “その理解はやや階級史観風だ” と否定した安倍晋三談話を知り、私は腹が立つより恥ずかしい思いでいっぱいでした。知らずに言ったのなら余程の愚者で、知ってであれば忘徳漢、稀代の破廉恥漢であります。

 中国は自由化が進みITなどの普及で長らく抑えられていた戦争の怨恨と反日感情が一気に噴き出し、戦後60年にして漸く地表に現れたように思います。各地の戦争記念館も増えましたがこれは反日を意図したものではなく事実を保存したもので、これを咎めるならヒロシマ、ナガサキの記念館も許されないことになります。

 このような時の安倍妄言は加害者の思い上がりであり、被害者の古傷に塩を摺り込む以外の何ものでもありません。周 恩来氏の言葉は日本人にとってもまさにその通りではありませんか、いま靖国問題は戦争責任の検証にまで進展し、日本人自らの手でメスを入れて病根を抉り、その後始末をしない限りアジアの平和は覚束ないと思います。

 中国戦線で鬼のような蛮行を重ねた兵士らも靖国の英霊ですが、彼たちは戦争の被害者であるのか、加害者なのか? 空襲で親兄弟をやられたのはアメリカの爆撃手のせいであるのか? 重い問いかけに安倍はどう答えるのでしょうか。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。