スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"judgments" の訳語は「裁判」で問題なし

かねてから、サンフランシスコ講和条約の第11条にある"judgments"
の訳語は「裁判」か「判決」かの議論がありますが、政府は今日の閣
議で「裁判との語を当てることに何ら問題はない」との答弁書を決定
しました。

「『裁判』で問題なし? サンフランシスコ講和条約の訳語」(産経、
16日)

「日本国との平和条約」(昭和27年4月28日午後10時30分発効-内閣告
示1-)の第十一条【戦争犯罪】には、次のように書かれています。

< 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の
連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されてい
る日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。>

この条文中の「裁判」の原文はjudgmentsであるが、これは「判決」
と訳すべきで、したがって日本政府は極東国際軍事裁判そのものを受
け入れたのではなく、その判決を受け入れ、戦犯の処刑を引き受けた
だけとする意見があります。

現内閣の要である安倍官房長官もこの意見の持ち主と見え、以前にも
ご紹介しましたが、去る2月11日の衆院予算委員会で、この第11条に
ついて「ジャッジメンツを受諾した」と繰り返し、「裁判」そのもの
ではなく、「ジャッジメンツ」(判決)を受け入れただけで、わが国
が主体的に戦犯を裁いたのではなく、その処刑を引き受けただけだと
答弁しました。

今回の閣議決定で、官房長官も今後は「極東国際軍事裁判を受諾した」
と答弁しなければならないでしょう。

ところで仮にjudgmentsの訳語は「判決」としても、「判決は受け入
れるが、裁判そのものは認めない」というのは、法律の門外漢にはき
わめて解りにくいのですが、どなたか専門的に解説いただければ幸い
です。
スポンサーサイト

国立追悼施設を考える会の提言

自民、公明、民主3党の超党派議連「国立追悼施設を考える会」の提
言がまとまりました。2002年12月に当時の福田官房長官の私的懇談会
が提唱した構想を踏襲した内容となっているとのことです。

靖国参拝問題:国立追悼施設の設置求める 超党派議連」(毎日、
16日)

これに対し、今朝の産経新聞のコラム「産経抄」は、他国に迎合する
ものとし、<このヒトたちには、「靖国で会おう」と国や家族を守る
ため心ならずも散華した人々への感謝の念があるのだろうか。>と批
判しています。

安保闘争から46年

1960年6月15日、国会は「安保反対」を叫ぶ若者たちに取り囲まれま
した。あれから46年の昨日、当時の全学連の「同志」たち約170人が、
改憲阻止を訴えて国会周辺をデモ行進しました。平均年齢は約70歳。

米軍の再編に伴って、今また日米安保は新たな段階を迎えようとして
います。しかし、ワールドカップに熱狂する若者たちの姿は見られて
も、デモに参加する姿は見られません。

今朝の東京新聞のコラム「筆洗」も、<「6・15」が戦後長く、日
米安保条約反対のデモ隊によって国会が包囲された「安保の日」だっ
たという記憶は、ついに国民の脳裏から消え去ったかに見える>と書
いています。

<▼石原東京都知事は月刊誌の「愛国心大論争」特集への寄稿で、日
米が戦ったことを知らぬ若者の事例にあきれながら若者に日本の近現
代史を教えよと説く。自身の対米意識の基本を米議員に問われ、かつ
て米艦載機から機銃掃射を受けたときの敵意にあると説明したともい
う▼戦後この国は平和国家として再出発した歴史も教えなくてはなら
ない。>

「『6・15』が戦後長く、日米安保条約反対のデモ隊によって国…」

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。