スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共謀罪の次は不敬罪?

先にMLで皇族に対する敬語の使い方が問題になりましたが、今日午
前の衆院教育基本法特別委員会で、天皇、皇后に対する一部新聞報道
に敬語が使われていないことについて質問が出され、小坂文科相は
「敬語を使うべき方には敬語を使うべき」と答弁しました。

またこの件について、安倍官房長官は、個人的意見として「こうした
記述ぶりには政治家個人として、国民の1人として違和感を覚える」
と述べました。

両陛下への敬語不使用に疑問、違和感 小坂文科相、安倍官房長官
が表明
」(産経、8日)

従来から、読売、産経は「…された」と敬語を使っているのに対し、
朝日、毎日は「…した」とふつうの文体で書いていますので、ネット
などでは批判がありましたが、ついに政治の場で問題にされるように
なったようです。

共謀罪の次は不敬罪の復活でしょうか?
スポンサーサイト

天皇の「戦争を語り継ごう」

東南アジア3か国訪問を前にした、6日の天皇・皇后の記者会見で、
在日外国報道協会代表から教育基本法に関する質問が出ました。詳し
くは次の宮内庁のウェブサイトをご参照ください。

http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h18singapore-01.html

これについて、今日の朝日新聞夕刊のコラム「窓 論説委員室より」
は、天皇が歴史をけっして忘れることなく平和を築く努力をしなけれ
ばならないとして、「先の大戦を経験しない人びとが多くなっている
今日、このことが深く心にかかっています」と述べたことを紹介し、
次のように書いています。

<過去を忘れず、経験を次の世代に引き継がねばならない。そうした
陛下のメッセージは一貫している。>

今日の韓国・中央日報もこの記者会見について「日本の天皇が第2次
世界大戦で多くの人が犠牲となった歴史を、日本人は忘れてはいけな
いと強調した」と報じています。

日天皇『歴史忘れてはいけない』…日本メディア取り上げず

01年の「皇室は韓国にゆかり」発言や昨年のサイパンでの韓国人犠牲
者慰霊塔参拝などから、かつて“日王”と呼んでいた韓国のメディア
も最近は“天皇”と呼ぶなど、小泉首相とは違って、天皇には好意的
のようです。

同友会提言採決の舞台裏

ご承知のように去る5月9日、経済同友会が首相の靖国神社参拝自粛や
全戦争犠牲者に対する無宗教の追悼碑建立を求めた「今後の日中関係
への提言」を公表しましたが、今朝の産経新聞がこの提言の採決の舞
台裏を詳しく紹介し、秋の自民党総裁選を念頭に出されたものとして
います。

「経済同友会『靖国参拝“自粛”を』 総裁選念頭に提言」
http://www.sankei.co.jp/news/060608/sei023.htm

飢えたるこどもたち (5)

暮らしの手帖 96号 特集・戦時中の暮らしの記録」(1968年8月)
掲載の「飢えたるこどもたち」から引き続き転載します。今回が最
終回です。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。