スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太正道「特攻隊員の真実」

以前MLでご紹介しました「最後の特攻隊員」(1998年、高文研)の
著者、信太正道さんのご活動を久しぶりで新聞で拝見しました。

講演会:反戦活動家・信太さん『中翼が憲法守る』」(毎日大分版、
5日)

海軍兵学校出身の神風特攻隊員、航空自衛官、日航機長という経歴を
持つ信太さんは、現在「戦争屋にだまされない 厭戦庶民の会」の会
長として活躍されています。この信太さんがかつて「小林よしのりフ
ァンの若者たちへ」のメッセージとして書かれました「特攻隊員の真
実」をご紹介しましょう。

< 小林よしのりのコミック『戦争論』(新ゴーマニズム宣言スペシ
ャル)がたいへん売れているようです。その中で彼は、「戦争の中で
愛と勇気が試され/自己犠牲の感勤が生まれ/誇りの貴さを思い知る
こともある」と戦争を賛美しています。なにか、六○年前の雑誌『少
年倶楽部』を読んでいるような気になりました。

 当時の日本の少年たちは、戦争賛美の記事やイラストを満載した、こ
うした雑誌を血わき肉おどらせながら読み、知らぬうちに〃軍国少年〃
に染めあげられていったのです。

 小林よしのりには、当時の無邪気な〃軍国少年〃の姿が重なります。
彼こそまさに 「洗脳されっ子、純粋まっすぐ君」です。>

< 小林よしのりは、若者たちに喜んで郷土(クニ)のために死んで
もらう物語を用意すべし、と強調しています。だまされないでくださ
い。戦争も、そして軍隊も、小林よしのりが考えているようなものと
は違います。特攻隊当時はもちろん、海軍兵学校当時も、小林よしの
りのような無邪気な「純枠まっすぐ君」は私の周囲に一人もいません
でした。みんな自分の行く手に「死」を見ていたからです。「死」に
対して無知で鈍感な者だけが、戦争を賛美できるのです。>

http://www.jca.apc.org/keystone/K-ML9809/0656.html
スポンサーサイト

靖国問題に関する御手洗発言

今朝の産経新聞の主張(社説)は、次のように書いています。

< 日本経団連の御手洗冨士夫会長は小泉純一郎首相の靖国神社参拝
について「首相は適切に判断している。経団連は過去に(靖国神社に
関する見解を)とりまとめたこともないし、これからも予定はない。
それは政治の仕事だ」と述べた。財界トップとして当然の発言であり、
評価したい。>

靖国問題 御手洗発言を評価したい

毎日新聞によれば、御手洗会長は会長就任時の記者会見で、首相の靖
国参拝について次のように述べています。

<◆戦争犠牲者に哀悼の意を表して、非戦を誓うのは日本人として当
然と思う。ただ、誰がどういう形でやるかは政治の世界で決着をつけ
てもらいたい。経済界が意見をまとめることにそれほど意味があると
は思わない。日中関係は民間の経済交流で拡大していくが、一日も早
く解決してもらいたい。>

経団連:靖国問題、政治の世界で--御手洗新会長に聞く」(毎日、
5月25日)

産経の主張の中では、 <御手洗氏は経団連会長に就任する以前にも、
月刊誌で「きびしい経済改革は愛国心とセットになって初めて成功す
る」「『愛社精神』こそ、日本経済の競争力の源泉なのだ」などと書
いていた。>とありますが。この月刊誌は「文芸春秋」00年7月号に
掲載された「愛国心なき経済改革は失敗する」という記事のことと思
われます。

愛国心なき経済改革は失敗する 御手洗冨士夫(キャノン社長)」

“愛国心”について、御手洗氏は日本経団連総会における就任挨拶で
次のように述べています。

<こうした思いやりや公徳心を、私は「愛国心」と呼びたいと考えて
おります。この愛国心があればこそ、他人の気持ちや痛みも理解する
ことができ、他国を尊重する態度も生まれます。

福沢諭吉翁は、「苛(いやしく)も愛国の意あらん者は、官私を問わず
先ず自己の独立を謀り、余力あらば他人の独立を助け成す可(べ)し」
と説いておられます。

私は、真の愛国心は、偏狭な排外主義や軍国主義とは全く無縁なもの
であり、社会人、国際人の精神的よりどころとして、幼いときから育
むべき重要なこころであると確信しております。>

日本経団連総会における御手洗新会長就任挨拶

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。