スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判に対する当時の国民の反応

東京裁判(極東国際軍事裁判)に対する当時の国民の反応について、
興味あるレポートが、4月30日の毎日新聞で紹介されています。

<▽吉田裕・一橋大大学院教授の話 マッカーサー司令部は、占領政
策を日本人が受け入れているか神経質になっていた。東京裁判につい
て世論調査することは、占領軍批判につながりかねないため、検閲で
本音を探るという手段を使ったのだろう。東京裁判の進行に伴って日
本人の受け取り方が変わっていったことが裏付けられ、貴重だ。当初、
国民は東京裁判を受け入れていたのだが、内容を知るにつれ疑問に思
うようになったのだろう。東条被告への好感が一時的に高まり、直後
に揺り戻しが起きたことなど興味深い。>

東京裁判:評価変遷 米軍、私信検閲で把握
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。