スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神話と歴史教科書

斎藤彰さんの貴重なサイト「終戦前後2年間の新聞切り抜き帳」に、
「高天原はつくり話」という見出しの1946年3月15日付けの新聞記
事が掲載されています。文部省の官僚が、それまでの歴史教育にあ
った神話を否定し、正しい歴史の見方をラジオ放送を通じて教えた
という内容です。

堕ちた偶像

今の若い皆さんには想像もつかないと思いますが、私たちが国民学
校(今の小学校)で習った“国史”(日本史)は、イザナギ、イザ
ナミの「国生み」から始まっていました。「縄文・弥生」などの言
葉を知ったのは、戦後になってからでした。

「初等科国史上」の1ページ目には、次のような、天照大神が孫・ニ
ニギノミコトに与えとされる「神勅」が掲げられています。

<豊葦原の千五百秋の瑞穂の国は、是れ吾が子孫の王たるべき地な
り。宜しく爾皇孫就きて治せ。さきくませ。宝祚の隆えまさんこと、
当に天壌と窮りなかるべし>

国史の授業は5年生からでしたが、それまでも2年生の国語の「国引
き」を初めとして、教科書には神話がさかんに登場します。3年生
前期の「国語一」では24課中5課が、「修身一」では20課中4課が神
話を扱っています。上記の“神勅”もすでに分かりやすい言葉で引
用されているのです。

また旧制中学校でもやはり国史は天孫降臨から始まっていたそうで、
戦時下の盛岡中学」というサイトでも、良心的な歴史の教師が、
「国史の授業は歴史としてはっきりしている大化改新のところから
始めます」とさりげなく言って、神話の部分は端折られたと書かれ
ています。

さらに小学校へ入る前でも、「アマテラスオウミカミ」や「ヤマト
タケルノミコト」などは、「モモタロウ」や「ハナサカジイサン」
と並んで絵本の主人公でした。こうした“英才教育”で、私たちは
「日本は神の国」ということを刷り込まれていったのです。1937年
生まれという前総理は、そういう幼児体験から未だに抜けきってい
ないようですね。

今また、いわゆる「つくる会」の「新しい歴史教科書」では、こう
いう神話が復活しているようです。私には、「古い歴史教科書」と
しか見えません。

神武天皇の東征伝承 (新しい歴史教科書・第1章第2節)」
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。