スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小熊英二:ナショナリズムの今

今朝の朝日新聞に、「小熊英二さんと考える ナショナリズムの今」
という見出しで、小熊英二・慶応大助教授(歴史社会学)のインター
ビュー記事が掲載されています。

<総じて近年の日本で台頭しているのは、ナショナリズムともいえま
すが、不安を抱えた人びとが群れ集う「ポピュリズム」だと考えたほ
うが適切だと思います。>

という指摘は、まことにうなずけるものがあります。

彼はまた上野陽子氏と共著で「<癒し>のナショナリズム―草の根保
守運動の実証研究
」(慶應義塾大学出版会、2003)という本を書いて
いますが、これに対する次のような感想も、最近の一部の若者に見ら
れるナショナリズムについて参考になります。

<小熊は「日本人としての誇り」を強調する「つくる会」が、60歳以
上の層と20歳代および30歳代の層に分かれることに着目し、価値観の
定まらない若者たちが、この運動に〈癒し〉を見出したのだと指摘>

< かつて社会学者の宮台真司は、「つくる会」が掲げる歴史観を批
判して、「オヤジの慰撫史観」と形容した。しかし上記のような二層
構造を踏まえるならば、(中略)年長者の「慰撫史観」であると同時
に、〈若者の癒し史観〉でもあるといえる。

この運動が従来の保守系運動とは比較にならないほど若年層に影響
力を発揮した理由は、年長者の団体に「客寄せ」として若い世代のメ
ンバーを加えたのではなく、当初は価値観の揺らぎから脱出するため
に始まったアモルフな動きに、保守系ナショナリストの「保守のレト
リック」が与えられたことで形を整えていった運動である点にある>
http://learning.xrea.jp/%A5%CA%A5%B7%A5%E7%A5%CA%A5%EA%A5%BA%A5%E0.html
スポンサーサイト

経済同友会提言の反響

昨日発表されました経済同友会の「今後の日中関係への提言」につい
て、政府・与党内からいろいろな反響が出ています。

首相の『商売』発言に神崎代表が苦言」(朝日、11日)

経済同友会の靖国自粛提言に批判相次ぐ 首相も不快感」(産経、
11日)

なお中国側は、中国国際放送局・CRIが事実を報道しただけのよう
です。

日本の経済同友会、未来に目を向けた日中関係構築を提案」(CR
I、10日)

これについて、今朝の朝日、産経、北海道の3紙が社説で論じていま
す。

同友会提言 財界も憂える靖国参拝」(朝日)
< 納得できないのは小泉首相の対応だ。「財界の人から、商売のこ
とを考えて、(靖国神社に)行ってくれるなという声もたくさんあり
ましたけど、それと政治とは別です、とはっきりお断りしています」
と述べた。目先のそろばん勘定からの提言と言わんばかりの態度はあ
まりに失礼だろう。>

同友会提言 中国干渉に手を貸す恐れ」(産経)
< 日本の政界でも、次期総裁選をめぐり、東アジア外交に絡めて靖
国問題を焦点にしようとする動きがある。そんな時期に、経済同友会
があえて首相の靖国参拝の自粛を求める提言を行ったことは、中国な
どの内政干渉に手を貸すことになりかねない。>

日中関係提言*同友会の憂慮も分かる」(北海道)
< 歴史認識問題で企業利益まで損なわれたくないとの一面も感じら
れるが、全体として日中関係改善に向けた一石になる内容だ。首相は
きちんと耳を傾けるべきだろう。>

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。