スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦災孤児

横浜の中華料理店主を殺害した、65歳の被告に無期懲役の判決が下さ
れました。死刑の求刑に対し、裁判長は情状酌量の余地ありとして無
期懲役の判決を下したのですが、戦災孤児としての被告の不遇な成育
暦にも言及しました。

戦災孤児といえば、以前MLで次のように書いたことがあります。
--------------------------------------------------------------
終戦翌年、旧制中学1年生のときだったと思いますが、神戸・三宮へ
映画を見に行ったことがあります。「三宮では浮浪児にたかられるぞ」
ということを聞いていましたので、用心していましたが、ある人通り
の少ない所を歩いていますと、向うからそれらしい少年が二人歩いて
きました。

もしたかられたら、帰りの電車賃以外のお金を全部あげようと考えつ
つ、ドキドキしながら近づくと、二人はこちらを見てにゃっと笑った
だけで何事もなくすれ違いました。内心ホッとしながらも、何となく
切ない思いをしたことを思い出しました。

あの少年たちも、今は古希を迎えたことでしょう。幸せな老後を送っ
ておられることを祈るばかりです。
--------------------------------------------------------------
上記の被告は、残念ながらこの祈りに反し、不幸な老後を送っている
ようです。もちろん65歳にもなるのですから、それは本人の責任でし
ょうし、犯した罪は憎むべきですが、同世代の一人として、戦災孤児
としての不遇の成育歴にも言及した裁判長を評価したいと思います。

今は幸い戦争はありませんが、毎年交通事故で数千人が亡くなり、そ
れによって一家の大黒柱を失った遺児も少なくありません。しかしそ
ういう場合も、多くの補償金や保険金が支払われ、またひき逃げ事故
の場合などは育成給付金が支払われる社会的な制度もあります。

それに比べれば戦災孤児の場合は、余りにも理不尽ですが、当時は国
も世間も同情はしても、充分な面倒を見る余裕はありませんでした。
当時のわれわれはお互い誰しも戦争によって大きな被害を受けたので
す。すべては戦争のせいです。

私たちが、そして日本国ができる戦争孤児たちへのせめてもの償いは、
、「二度と戦争をしない平和を守ること」だと思います。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。