スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米で高まる「靖国史観」への懸念と疑問

雑誌「論座」の5月号に、「欧米知識人の間で高まる『靖国史観』へ
の懸念と疑問」という見出しで、国際問題アドバイザーの岡本行夫氏
のインタービュー記事が掲載されています。

中道保守派を自認する岡本氏は、最近の中国の態度を批判し、憲法も
もう少し現実的なものに改正すべきとしていますが、過去の15年戦
争は自衛のための正当な戦争ではなかったという立場で、首相の靖国
参拝を支持するような歴史認識を振りかざしていては、世界から孤立
するという見解を展開しています。

記事の中から、岡本氏が実際に見聞した欧米の人たちからの「靖国史
観」批判の部分を抜粋引用します。

欧州議会やEU各国の有識者は、予想以上に日本と中国の関係、そし
て靖国や歴史認識の問題に関心があったと述べ、次のように語ってい
ます。

<靖国の付属施設である遊就館についても、いろいろと意見が出まし
た。彼らが言うには、最近、遊就館は欧米諸国の知識人たちの観光コ
ースになっているそうです。あそこの展示や主張は、僕でも驚きます。
軍艦マーチが流れる館内では、満州について「現在は中国が支配し東
北部と称している」と、本来は中国の領土ではないような展示をする。
南京については、「(日本軍が占領したから)市民の生活に平和がよみ
がえった」と。訪れた欧米人は、あの戦争を肯定することが日本人の
戦争史観であり歴史観だと受け止めてしまう。>

そして米国内からの懸念の声についても、

<そうですね。僕は昨年末にワシントンでも講演しましたが、聴衆か
らやられました。「小泉首相の参拝を怒っているのは中国や韓国だけ
ではない、我々アメリカ人も怒っていることを忘れないでくれ」と。
日本はル-ズベルトに編されて太平洋戦争に引っ張り込まれたという
遊就館の説明を怒っているわけです。最近では、アメリカの新聞に、
「アジア諸国との関係を悪化させている日本との同盟関係は、米国に
とってマイナスではないか」という内容の論評まで掲載されるように
なっている。>

<東京に駐在するある国の外交官が、極論だと思いますが、「日本は
中国、北朝鮮、韓国、ロシアとことごとく関係が良くない。自分のま
わりのすべての隣国と関係が悪いのは、世界中で日本だけではないで
しょうか」と言った。やはり日本にも問題があるのではないかという
見方が米国や欧州にジワジワと広がってきていることは事実でしょう。


岡本行夫氏の戦争観については、下記をご参照ください。

1945年に生まれて
スポンサーサイト

小沢一郎氏の靖国神社観

民主党の新代表・小沢一郎氏は、9日のNHKテレビ番組で、首相の
靖国神社参拝自体については「賛成だ」とする一方で、「小泉さん
の(やり方)はだめだ。戦争を指導した人たちは靖国に本来祀られ
るべきではない。戦争で亡くなった御霊を祀る本来の靖国神社に帰
すべきだ」(その上で)「天皇陛下にも行っていただきたい」と述
べました。しかし、具体的にどうすべきかについては、番組後記者
団に「政権を取ったらすぐやる、そのとき教える」と明言しません
でした。

小沢氏、『靖国に戦争指導者をまつるべきでない』と発言」(朝日
電子版、10日)

しかしこれは靖国神社の本質をよく理解していない発言と思います。

まずA級戦犯の分祀というのは可能でしょうか? これについての靖
国神社の公式見解は次のとおりです。

<結論から申し上げますと、このような分祀はありえません。

本来教義・経典を持たない神道では、信仰上の神霊観念として諸説あ
りますが、昔より、御分霊をいただいて別の神社にお祀りすることは
あります。しかし、たとえ分霊されても、元の神霊も分霊した神霊も
夫々全神格を有しています。>

<また、もし仮にすべてのご遺族が分祀に賛成されるようなことがあ
るとしても、それによって靖國神社が分祀することはありえません>

所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解

このように靖国神社にとっては、“英霊”の分祀は自己否定となるの
です。信仰の自由から言っても、いくら剛腕でも政治がそれを強制で
きるものではありません。

小泉首相も安倍官房長官も、政教分離の原則からいって政府が言うべ
きものではないと、小沢発言を批判しています。

A級戦犯合祀『政府が言うべきことではない』…首相」(読売電子
版、10日)

また靖国神社の“本来の姿”は、過去の戦争で天皇のために殉じた軍
人・軍属を顕彰するもので、すべての戦没者の御霊を祀るためのもの
ではありません。

空襲の犠牲者や外国の犠牲者も含めたすべての戦没者を、天皇も首相
も堂々と追悼できる施設といえば、今棚上げになっている新しい国立
追悼施設しかありません。

「国立追悼施設を考える会」の副会長である鳩山民主党幹事長は「民
主党も3、4年前から関心を持ってきたテーマ。積極的に議論してい
きたい」と述べています。この際民主党も積極的に建設の方針を打ち
出してもらいたいものです。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。