スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中戦争で戦死した 一兵士の手紙

戦争を語り継ごう -リンク集-」に、新しく「日中戦争で戦死し
た 一兵士の手紙」を掲載しました。

このサイトは、MLメンバーのKTさんとちょうど同じ頃、自動車部隊
に所属して中国で戦われた一兵士が、1938年(昭和13年)に戦死され
るまでの約1年間に、妻子や親族に宛てて出された手紙の内容を公表
したものです。

当時はまだ、その後の太平洋戦争時よりは検閲も緩かったのか、次の
ような文章も見られ、驚きました。戦場の様子などもかなり具体的に
うかがわれ、その意味でも貴重な資料と思われます。ぜひご覧くださ
い。

<我々が通行する時、時々出会う支那人は、皆敗残兵で無いかを身体
検査する。
あやしいと見れば、忽ち首は無い。
今に首を切られるに、之を知ってか知らぬか、総ての人間は平然とし
て居るのに、感心するよりも不思議な位である。
此の如く、抵抗せぬ支那兵の刑を見る時、如何ににくき支那兵でも哀
れに思ひ、いつも心で念仏を唱えてやって見物して居る。
国家の為に戦死せる我軍の馬敵の兵の死骸は、今迄何千と見た。
道路上に横たわる支那兵の死骸の上を、ガタンゴトンと自動車で踏み
越えて走る事幾度か、実に戦争の悲惨なれる事が思われるであろう。
全く戦争其の物の残酷である事、戦地で始めて感じた。願わくば、人
類として此の戦争の絶無を衷心より願ふものである。
世は文明となっても、此の戦争の絶無と言ふ事は絶対にならず、益々
残酷となるこそ嘆かわしき次第であると思ふ。>

<二,三月頃、凱旋するような話もあったが、どうもお流れらしい。
いつ帰れることやら、今の処さっぱり不明。
支那へ来て、自動車隊だけに、大半北支全部走り廻って、見る所がなく
なってしまった。
生きて帰れる積もりは無いが、今の処命があるから、やはりもう帰りた
くて仕方の無い有様。
帰りたい帰りたいと、余り大きく言へないが、真実の話である。
各兵も集まると、いつ凱旋だろうとその話ばかりである。>

日中戦争で戦死した 一兵士の手紙
1937年8月に召集を受け、中国戦線に従軍した一兵士が、1938年8月戦
死するまでの1年間に、妻子など宛てに出した手紙の内容を公表
スポンサーサイト

ニューギニアの戦争遺留品

先月、ニューギニアからオーストラリア兵が持ち帰った日章旗(「
日本軍人の遺留品
」の「日章旗」のページのF047)のことでお尋ね
しました。

今日またその元兵士のご子息からメールが入り、父上の話ではその旗
を取得したのは、フィンシャーフェン近くのボガジンとのことです。
そして1943年(昭和18年)末か1944年初頭に、その近くで戦っていた
日本軍の連隊名/大隊名を教えてほしいと言ってこられました。

この連隊名/大隊名について、ご存じの方がありましたら、ぜひお教
えください。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。