スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期首相候補の遊就館観

安倍官房長官は、8日民放の報道番組に出演しましたが、その時の話
を朝日新聞は次のように伝えています。

<安倍氏は、(靖国参拝批判に対する)中韓両国の批判は「誤解に基
づくものだ」とし、靖国神社の展示施設内容を引き合いにした国内の
靖国参拝批判に対しては「ただ単に誤解を世界中にまき散らしている
動きではないか」と反論した。>
http://www.asahi.com/politics/update/0108/002.html

私も“遊就館を引き合いに出して靖国参拝を批判”している一人です。
03年に遊就館を見学したとき、まるで60年前の軍国少年時代にタイムス
リップしたかのような感じを受けました。同年代の人たちの感想を見て
も、同じようなのが多いようです。

そこからは、まるでかつて耳にタコができるほど聞かされた、「撃ち
てし止まむ」や「一億一心」などのスローガンが今にも聞こえてきそ
うで、それに躍らされて、何百万もの国民、何千万もの外国の人たち
が殺されたことへの反省は見られません。

先にご紹介しましたように、麻生外相も次のように語っています。

「(遊就館は)戦争を美化する感じではなく、当時をありのままに伝
えているだけ。当時はそうだったと事実を述べているにすぎない」
http://nishiha.blog43.fc2.com/blog-entry-20.html

太平洋戦争開戦の前年に生まれた麻生氏がはたして当時のことをどれ
だけ覚えているかは疑問ですが、まさにそのとおり遊就館は当時の雰
囲気をそのままに伝えています。

先の渡辺(読売)・若宮(朝日)対談で、ナベツネ氏はこう語ってい
ます。

「(遊就館の)中を見てきた子供が、『日本はこの前の戦争で勝った
んだね』と言うんだな」
http://nishiha.blog43.fc2.com/blog-entry-31.html

この言葉を思い出して、お二人の次期首相候補の顔が浮かんできました。

__________________________

西羽 潔  Kiyoshi Nishiha
スポンサーサイト

新規リンクのお知らせ

「戦争を語り継ごう -リンク集-」に新しく次の2サイトを追加し
ましたので、ご覧ください。

「父のシベリア抑留記」
旧満州の会社に勤務中、1945年5月、41歳で現地召集を受け、敗戦後
シベリアへ送られ、炭鉱で重労働と飢えの生活を送り、1947年帰国す
るまでの体験記
http://www.geocities.jp/hanegao/Yokuryuki/Yokuryuki.htm

「シリーズ・戦後60年」
西日本新聞の特集シリーズ。「私の8・15」「まくとう沖縄戦」に21
人の体験談
http://www.nishinippon.co.jp/news/2005/sengo60/index.html

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。