スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演「井筒紀久枝 人と作品」のご案内

Scan10002.jpg


一昨年、旧満州の開拓団時代や敗戦後の引き揚げ体験を綴った「大陸
の花嫁」(岩波現代文庫)を出版されました井筒紀久枝さんは、俳人と
してまた歌人としても、数々の名作を残しておられますが、このほど
その戦争体験と俳句について、ご長女の新谷陽子さんが次のように発
表されることになりました。入場料は無料ですから、ぜひお出かけく
ださい。

主 催 大阪俳句史研究会 (1月例会)
会 場 柿衞文庫 (伊丹市宮ノ前2ー5ー20)
日 時 1月28日(土曜日)午後2時~4時 
テーマ 井筒紀久枝 人と作品  発表 新谷陽子氏

「柿衛文庫」の地図

井筒紀久枝さん句集「望郷」

スポンサーサイト

12 歳の少年兵

今朝の朝日新聞(大阪本社版)は、1面トップに「12歳に敵艦探知訓
練」という見出しで、<旧日本海軍が太平洋戦争開戦直前から、尋常
小学校を卒業したばかりの12歳の少年たちに、水中聴音機を使って敵
艦を探知する「水中測的」のための訓練を2年間極秘にさせ、実戦に
も参加させていた>という記事を掲載しています。

旧日本軍では、太平洋戦争末期、映画「男たちの大和」の主人公にも
なった海軍特別年少兵など、兵士の最低年齢を14歳に引き下げました
が、それよりまだ若い少年兵がすでに存在していたということになり
ます。

終戦時11歳だった私も、もう少し戦争が長引いていたら、狩り出され
るところでした。

日本経団連・奥田碩会長、政府のアジア外交を批判

日本経団連の奥田碩会長は5日の新年祝賀パーティー後の記者会見で、
小泉政権のアジア外交のあり方について「できれば変えていただきた
い」と語りました。

「首相のアジア外交『変えてほしい』 奥田経団連会長」(朝日、6
日)
http://www.asahi.com/politics/update/0105/005.html

経済界の利害を反映する日経新聞の昨日の社説も、同じような趣旨で
小泉政権のアジア外交を批判していました。奥田会長のトヨタ、御手
洗次期会長のキャノン、いずれにとっても中国はこれからの企業の命
運を左右するほどの巨大市場です。

かつて資本の海外進出は間々戦争の引き金になりました。グローバル
経済の今日、それは戦争の抑止力になるのではないでしょうか?

Re: 首相の年頭会見に対する各紙社説

昨日ご紹介しました朝日新聞の社説に対し、今日の産経新聞のコラム
「産経抄 」は、「身震いがくるような内容」と反論しています。

<寒いといえば、五日付の「私たちこそ理解できぬ」と題した小泉首
相の靖国神社参拝を批判した朝日新聞の社説は、読み返すほどに身震
いがくるような内容だった。靖国参拝を批判するのは勝手だし、中国
や韓国の立場を戦没者のご遺族よりも重視するかのような言論も自由
だが、「全国の新聞のほとんどが参拝をやめるよう求めている」とい
うのは誤植ではないかと何度も見直した。>
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm

しかし私の知る限り、全国紙や有力な地方紙の中で、小泉首相の靖国
神社参拝を支持しているのは産経のみです。全国の新聞の記事も、誤
植ではないかと何度も見直す必要があるのではないでしょうか?

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。