スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九大生体解剖事件の証言

撃墜された米軍爆撃機B29の搭乗員捕虜を生きたまま解剖したという、
いわゆる“九大生体解剖事件”の最後の生き証人といわれる医師が、
今朝の朝日新聞「私の視点」に、貴重な証言を投稿されています。お
読みになっていない方のために、記事の切抜きをアップしましたので
ご覧ください。

http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/kirinuki/asahi051230.htm

なおこの事件については、去る27日の九州朝日放送のテレビ番組「許
されざるメス ~九州大学生体解剖事件~」として放送されました。
ご覧になられた方は、ご感想をぜひお寄せください。下記の番組紹介
で、事件の概要が分かります。

http://www.kbc.co.jp/tv/yurusarezaru/
スポンサーサイト

紅白歌合戦で「戦争を語り継ごう」

今年もいよいよ後二日となりましたが、明日の大晦日恒例の紅白歌合
戦では、戦後60年ということで、長崎出身のシンガー・ソングライタ
ーさだまさしさんが、原爆にまつわる思いを描いた「広島の空」を歌
うとのことです。また女優の吉永小百合さんによる「原爆詩」の朗読
も予定されています。

さだまさしさんは従来から、「あなたの大切な人の笑顔を守るため、
何ができるか考えよう」と呼びかけてきましたが、戦後六十年目の国
内も「平和を求めるムーブメントは、思ったより活気がなかった。逆
に、憲法を変えるなんて話が現実味を帯びてくるなんて」、「僕もお
客さんも、一呼吸置き、原点を見つめ直す時期だと思った」と語って
います。

「戦後60年悲劇繰り返すな 紅白舞台に平和の願い」(西日本新聞、
30日朝刊)

http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/morning_news026.html

次のサイトでは、「紅白歌合戦には場違いではないかと、初めは悩み
ましたが、スタッフの方達の熱い思いに心動かされて、出演を決めま
した。核兵器の廃絶、平和の願いを込めて、しっかり朗読したいと思
います」との吉永さんの直筆がご覧になれます。サユリストには必見
です。

http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/news1215.html

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。