スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「母べえ」に見る日本の平和と反戦

映画「母べい」が最近テレビで放映されましたが、それを観た在日の
中国語紙の編集長がブログにその感想を、<日本社会では“平和と反
戦”が主流の位置を占めており、日本はこれによって戦後60年以上に
わたり平和発展の道を歩むことができた>と綴りました。

<在日中国人のブログ>映画「母べえ」に見る日本の平和と反戦
(レコードチャイナ、4日)

FC2 Management

日中歴史共同研究に関する各紙社説(続)

昨日に引続き、今日は毎日、西日本の2紙が社説で日中歴史共同研究
を採りあげています。昨日の沖縄タイムスと併せ、お読みください。

「日中歴史研究 まず一歩 さらに前へ」(毎日)
<  双方は新メンバーで第2期の共同研究を行うことにしている。戦
後史について中国側座長の歩平・社会科学院近代史研究所長は「第2
期の継続研究としたい」と述べている。歴史に関する共通理解を研究
者だけでなく国民レベルでも深めるために、次はぜひ公表してほしい。

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100203k0000m070136000c.html

「日中歴史研究 溝埋める努力を続けよう」(西日本)
<  ただ、歴史問題をめぐるこれまでの摩擦を考えれば、両国の代表
的な学者が同じテーブルにつき、それぞれの見解を示し報告書公開に
こぎ着けただけでも一定の成果といえる。報告書には、一部ではある
が中国側の歴史解釈が柔軟になったと思える個所もある。今回の共同
研究は第1期との位置付けであり、これを出発点として2期以降の研
究につなげたい。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/150274

「[日中歴史研究]見えない『沖縄の視点』」(沖縄タイムス、2日)
< いずれも沖縄側からみて違和感を覚えるのは、日中双方とも「国
史」の中の位置づけに囚(とら)われ過ぎているように読めるからだ。
琉球・沖縄史の固有な歴史性が見過ごされてはいまいか。
  中国側は薩摩の支配下にあった歴史的事実を、日本側は琉球処分の
「武力統一」というひとつの側面を、いずれも意識的に軽視している
ようにみえる。>
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-02-02_2457

日中歴史共同研究に関する各紙社説・コラム

昨日の産経新聞に続き、今日は全国各紙が社説で日中歴史共同研究を
採りあげています。

「日中歴史研究―政治との距離感が大切だ」(朝日)
< とはいえ、曲折を経て1年以上遅れて公表された報告書に驚くよ
うな内容はない。南京大虐殺の犠牲者の数も中国側は最大で30万超
と主張するなど、評価の違いも当然のことながら目立つが、一方で総
じて抑制的な表現が多く、淡々と書かれている。双方の研究者とも、
日の丸と五星紅旗から距離を置こうとした跡がうかがわれる。>
http://www.asahi.com/paper/editorial20100202.html

「日中共同研究 歴史認識の違い浮き彫りに」(読売)
<  しかし、両国を代表する学者が重要な問題について議論し、報告
したこと自体に、一定の意義があったと言える。>
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100201-OYT1T01381.htm

「日中歴史研究 違い見つめることから」(中日 / 東京)
<  日本と中国の歴史共同研究の報告書が公表された。日中の見方の
大きな違いが明らかになる一方、一部歩み寄りもみられた。隔たりを
嘆くより、それを見つめることから対話を一層、進めたい。>
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010020202000041.html

「日中歴史共同研究 相互理解を進める礎に」(秋田魁新報)
<  国同士の歴史認識、特に戦争当事国のそれが一致するのは容易で
はない。ただ、相違点が明らかになった意義は大きい。違いを違いと
して認め合うことが相互理解の第一歩であり、何が違うかが分からな
ければ、埋めようもないからである。>
http://www.sakigake.jp/p/editorial/news.jsp?kc=20100202az

「日中歴史研究 継続で理解を深めたい」(信濃毎日)
<  歴史を見る目がそれぞれの当事国によって違うのはやむを得ない。
にもかかわらず、戦争についての大きな流れでは、共通の見方が深ま
りつつある印象を受ける。>
http://www.shinmai.co.jp/news/20100202/KT100201ETI090002000022.htm

「日中歴史研究/相互理解を深める糸口に」(神戸)
<  このため、報告書は両論併記だ。歴史認識の違いがむしろ鮮明に
なったともいえるが、その違いを認め合い、同時発表にこぎ着けただ
けでも意味がある。>
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0002683251.shtml

「日中歴史報告書 違い認め研究深めよう」 (中国)
< 「南京大虐殺」一つとっても犠牲者数が双方で大きく異なった。
しかし歴史認識の隔たりや両者の溝を、悲観的に受け止める必要はあ
るまい。
  むしろ日中戦争の全体像について日本側が「戦場となった中国に深
い傷跡を残した。その原因の大半は日本側がつくり出したと言わざる
を得ない」と責任を明記したのは重要で、日本国内での歴史論争にと
っても有益な視点だろう。中国側が盧溝橋事件を「偶発的に起きた可
能性がある」と認めたのも、共同研究の成果である。>
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201002020133.html

「日中共同研究 継続し相互理解の深化を」(琉球新報)
<  数字の食い違いはあるが、「南京で大規模な虐殺があった」とい
う共通認識に至った意義は大きい。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-156743-storytopic-11.html

「春秋」(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20100201ASDK0100401022010.html

「産経抄」(産経)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100202/acd1002020240000-n1.htm

日中歴史共同研究に関する論評

昨31日公表されました日中歴史研究の報告書について、今日の各紙の
うち産経新聞のみが社説 ( 主張 ) で採りあげています。

「【主張】日中歴史共同研究 『南京虐殺』一致は問題だ
< 「南京虐殺」で認識が一致したといっても、共同研究に参加した
学者間でのことだ。それがあたかも歴史の真実であるかのように、日
本の教科書などで独り歩きするようなことは避けたい。>

この報告書に対する中国・環球時報の反応です。

日本の謝罪が中国に届かない理由、『歴史の否定と靖国参拝』」
(サーチナ、1日)
< 今回の報告書に対し、中国史学会会長の張海鵬氏は「日本側の歴
史観には大きな進歩が見られ、右翼的観点が排除された」とし、日
本側の学者は南京大虐殺が事実であったことを認めたと報じた。>

下記の外務省の公式サイトで、報告書の全文が読めます。
日中歴史共同研究(概要)」

日中歴史共同研究 報告書公表

かねてから日本と中国の有識者が共同で行ってきた歴史研究の報告書
が31日公表されました。

問題の南京事件については、日本側は「日本軍による集団的、個別的
な虐殺事件が発生し、強姦、略奪や放火も頻発した」と認定しました
が、犠牲者数は「20万人を上限として4万人、2万人など様々な推計が
なされている」と指摘しています。

一方中国側は、「中国軍人が集団的に虐殺された」と強調し、犠牲者
数は中国政府の見解を踏襲して「30万人余り」としており。虐殺の事
実では一致しましたが、犠牲者数は両論併記の形になっています。

南京事件の犠牲者、隔たり埋まらず…日中共同研究」(読売、31日)
日中歴史共同研究 報告書公表」 ( NHK、31日)

長崎原爆:被爆俳人 松尾あつゆき

27日の毎日新聞西部版の「平和を考える」シリーズに、長崎原爆で被
爆した俳人、松尾あつゆき(1904~83年)が、わが子の写真に添えて
いたメモが初めて見つかったと報じられています。

<(被爆は)どこまでも運の悪いことでした>などと淡々と悲しみを
つづっており、研究者は「松尾の深い悲しみと激しい感情がにじんで
おり、非常に貴重」と評価しているとのことです。

長崎原爆:被爆俳人、松尾メモ発見 「どこまでも運の悪いことでし
た」


次のサイトに、被爆後数日の間に詠んだ松尾あつゆきの句が掲載され
ています。ぜひお読みください。
松尾あつゆき 原爆句抄

義烈空挺隊長・諏訪部忠一中佐

25日の毎日新聞東京版夕刊のコラム「憂楽帳」は、義烈空挺隊長とし
て沖縄特攻作戦に参加し、26歳で戦死した諏訪部忠一中佐について書
いています。義烈空挺隊とは重爆撃機に地上戦闘部隊を乗せ、米軍占
領下の沖縄の飛行場の占拠を目指した部隊でした。

憂楽帳:諏訪部忠一中佐

被爆者の自分史を伝える栗原淑江さん

今日の毎日新聞「ひと」欄は、月刊小冊子「自分史つうしん ヒバク
シャ」を編集・発行している栗原淑江さんを紹介しています。

ひと:栗原淑江さん 被爆者の自分史を掲載する月刊誌発行
<「被爆者だって普通の人間。いわば人生の先輩くらいの存在で、特
別な人ではないことを伝えたい」。被爆者の自分史を載せる月刊小冊
子「自分史つうしん ヒバクシャ」を編集・発行する。93年2月創
刊で、現在約640部を発行。昨年9月に200号を数え、投稿した
被爆者は約600人に達する。「投稿が届かなくなったらやめようと
思っていたら、毎月途絶えることがなかった」とほほ笑む。>

NHK「証言記録 兵士たちの戦争」放送予定

NHKテレビで毎月放映中のシリーズ「証言記録 兵士たちの戦争」、
今月は以下のように放送されます。

証言記録 兵士たちの戦争
「ポートモレスビー作戦 絶対ニ成功ノ希望ナシ 陸軍 南海支隊」 

日本軍将兵の9割が命を落とした“生きれ帰れぬ”戦場ニューギニア。
その口火を切ったのが昭和17年のポートモレスビー作戦である。作戦
を命じられた南海支隊長・掘井富太郎は「攻略は不可能」と断じたが、
大本営参謀・辻政信の独断により約9000の将兵が未踏のジャングルに
投入される。しかし、同時に激化したガダルカナルの戦いで戦局は一
変。目的地を目前にして、部隊に作戦中止が命じられる。米公刊戦記
に「世界で最も頑強な戦い」と記された67年前の激戦を、14人の元将
兵と1人の妻が語る。

1月30日 (土) 午前8時00分~ BShi
再放送:2月5日(金)午後4時00分~ BShi

http://www.nhk.or.jp/shogen/schedule/heishi_yotei.html

「戦争責任、日本は謝罪を」(本島元長崎市長)

元長崎市長の本島等氏(87)が右翼団体幹部に狙撃され、重傷を負っ
た事件から満20年の昨18日、本島氏は野中広務元自民党幹事長と「戦
争をしてはならぬ」のテーマで対談し、「戦争をしたのは日本人。そ
の結果、原爆が投下されている。あらためて謝罪、贖罪する以外は日
本人の生きる道はないと思う」と述べ、日本の戦争責任を問い直す必
要性を指摘しました。

戦争責任 日本は謝罪を 本島元長崎市長銃撃から20年 野中元
自民党幹事長と対談
」(西日本、19日)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。